読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もできずにブログ書く

ごめんね、こんなことしか書けない

今なら戻れるよ遅刻で済むけれど。20

2/22は乃木坂46デビュー日であり、私の乃木坂初現場、すなわち乃木カススタートの記念日である。3rdバスラが初めてだったので、5th Birthdayの今年は乃木カスとしての2nd Birthdayということになる。おめでとう私と乃木坂とななみんと万理華。

 

1年前(くらい)のブログです。

2月22日。6 - 何もできずにブログ書く

 

1つ前の更新で年末のことを吐き出したけど、ここでは1年を振り返ってみる。

 

2016年のヲタク的総括。

 

乃木坂は13th今、話したい誰かがいる~14thハルジオンが咲く頃~2ndアルバム~15th裸足でSummer~16thサヨナラの意味という1年。リリース期間も握手会期間も含めると。2/22起点で考えると、3人が卒業して3期生が入った。割りと変化が大きかった1年。

 

あと欅坂がデビューした。乃木坂の変化よりもこっちの方が一大事かな。結成直後は静観してたけど、まんまと1stから個別行ってしまってる。とか言って、お見立て会から行ってるんだけど。徳山大五郎が楽しすぎて夏頃一気に好きになったなぁ。推しの顔面好きすぎて、生まれて初めて生写真とか集めちゃってる。

 

個人的に楽しかったことピックアップしてみるよ~。2016年で。

 

5位 アンダーライブ中国地方

楽しかったというか、ひとつ転機になった遠征ということでランクイン。

 

当日は昼までアプガで陸の孤島(三島のキャンプ場)にいたので、静岡から岡山を回す強行日程になった。まあそれがしたくて行ったみたいなところあるが。

 

転機というのは、乃木カス*1の知り合いが初めてできたという意味での転機。2日間連番になった人とその友人とライブ終わりに飲みに行って、それ以来しょっちゅう連絡取り合ってるし、現場があれば飲みに行く仲が続いてる。なんとなく乃木カスと仲良くならない信条を持ち続けてきたけれど、アンダー推し、かつお酒飲める(最重要)ヲタクはなかなか"いい乃木カス"だった。先入観よくないね!あ、前に推しにヲタクと仲良くしないで欲しいとか言われたの思い出した!ウケる!(すぐウケる人)

 

2016年のアンダーライブは、3月らりん卒業の名古屋、4月東北ツアー、9月中国ツアー、12月クリスマスライブ武道館とあった。アンダラはヲタクになってからは一応全シリーズ行ってるのだけど、地方のホールを回っていた2016年は、ハローを彷彿とさせてどこか懐かしさがあった。スケール感が落ち着く。それと、シリーズごとに毎回コンセプトを掲げてるところがアンダラの特徴で、魅せ場を作って公演に一貫性があるのが、ハローのやり方に近いんだよね。大道具に頼らず、叩き上げのパフォーマンスと全体ライブでは見られない構成、良曲の多いアンダー曲、普段目立たない子たちのアンダラに注ぐ熱量。あの空間があるから乃木カスになったし、そこで推しができた。語弊ありまくって本人には言えないけど、2016年のアンダラに中田さんがいて良かった。ヲタクやってる間に、アンダーの中田さんも選抜の中田さんも見られてほんと楽しいよ。

 

4位 カーナビ即売会

4月に八王子の方であったオートバックスでの乃木坂navi即売会。2015年11月末に同じく中田新内のペアでやっていたのにも参加したので、2回目のカーナビ購入です*2。新内さんが前回を覚えててくれてて、以来全握毎回行っちゃう。チョロいね~。盛って「2推しだよ~」とか言ってたけど今はほんとに3推しくらいまで上がってる。カーナビがきっかけで気になり始めて、ラジオ聴いて完全に好きになっちゃった。そんな推し始め記念日。中田さんの話ないけど中田さんとも楽しかったなこの日!

 

3位 TOKYO IDOL FESTIVAL

やっぱりTIF!と言っても3位です。もう行き始めて4年目。欅よかったけど欅を軸にしすぎてあんまりいろんなアイドル観られなかったのが失敗かな。ヲタクにたくさん会えるから好きだわ。3日間になったし欅の整理券で早起きしたしとても疲れた。TIF2015が楽しすぎた思い出が強すぎて2016は最高値更新には至らなかった。でも楽しいのは間違いない。ずっと続いて欲しいイベントNo.1。

 

2位 アプガ武道館

ついに!って感じ!なかなかその前のツアーは行けなくて、ぶっつけ本番、突然当日がやってきたって感じだったから、あんまりこの感動的な場所の実感が湧かなかったのだけど、ライブ始まったらほんと最高に楽しくて、武道館まで連れてきてくれてありがとうって素直にそう思った。最近アプガがっつり行かなくなってから心から入り込めないなって、ちょっと冷めた気持ちでいたけど、お祭りムードでとにかく楽しめ!みたいなライブやってくれて、この"周りを巻き込む力"がアプガライブの好きなところだなぁと改めて思った。やっと辿り着いた場所なのに感動の涙を誘うよりこういうやり方を選んだのがアプガらしくて、"外"にいた私を無理矢理"中"に引き込んで楽しませてくれたのが本当に嬉しくて楽しくて、アプガ好きでよかったなと思った。けど一番大好きで現場通ってる時期にこの武道館があったらもっと最高なんだろうなとは思ってしまったから、現役ヲタクは羨ましくも感じた。でも2016で間違いなく一番印象的なステージだった。

 

1位 アプガ沖縄

 これは思い出補正もあるかもしれないが、沖縄はロケーション的にもう楽しさしかないでしょ。前前乗りしてヲタクと飲んで観光して、メンバーとBBQしてたくさん話せてヲタクともたくさん絡めて、それでもって47都道府県ツアーラストのライブ。47ツアーは大学とか金欠とか諸々な事情で"行けるけど行かないライブ"が多かったから、全部行ったヲタクと比べれば全然思い入れはないけど、それでも1年以上かけて回ったツアーが完結する感動はかなり押し寄せてきた。この先アプガでこんなシーンに出会えるのだろうか、と思うとすごく切なさもあったし。もうアプガ現場引き気味だけど、通ってた時期の思い出はほんと宝物だなって思えるよ。ヲタクとわいわいしてた時間が一番楽しかったかもだけど、振り返ってみたとき、横浜と中野とハワイと沖縄と武道館、ここら辺はずっと鮮烈な印象で記憶に残り続けるんだろうなって思う。

無駄にしんみりしちゃった、、

 

 

完全に坂道ヲタクどっぷり浸かってたのに、楽しかった現場はアプガってどうなんでしょw結局、根がアプガヲタクなんだなぁ。

 

好きな子に会いに行くのが最大の目的って感じで坂道行きまくった1年だったけど、振り返ってみてこうなると、自分が楽しいところに行くのが一番だなぁと考え直してしまうね。スタンスをミスったとまでは行かなくても、後でほんと楽しいヲタ活だったなって振り返ることができる幸せなヲタクになりたい。

 

2017年も"いい現場"、"いいアイドル"、"いいヲタク"と出会えますように。

*1:親しみを込めて

*2:免許はありません